×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX初心者│ストキャスティクス

売られすぎ、買われすぎを判断するテクニカル「ストキャスティクス」

相場を分析するテクニカルには大きく分けて、

  • 相場が上昇中か下降中かを判断するトレンド系
  • 現在の相場は売られすぎか買われすぎかを判断するオシレーター系

の2種類に別れます。

 

ストキャスティクス

 

ストキャスティクスはオシレーター系を代表するテクニカルツール

やや動きが早い%Kラインとやや緩やかな%Dラインの2本線があります。
両方の線が80%以上にあると買われすぎ、20%以下で売られすぎとなります。

 

ただし、オシレーター系はダマシが多く、単体でエントリーを判断するのは危険です。
単独で見るのではなく、ローソク足やトレンド系と併用して判断していきます。

 

さらにストキャスティクスで判断できるダイバージェンス

ストキャスティクスをみていると、値動きとテクニカルが逆行することがあります。
これをダイバージェンスといい、長い足のチャートでは極めて信頼度の高いシグナルとされています。
ダイバージェンスが発生すると、近いうちにトレンドが転換されると言われています。

 

ダイバージェンス

 

私もストキャスティクスを使っていますが、売られすぎ買われすぎは参考程度です。
主にダイバージェンスを意識してストキャスティクスを使っています。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます!
良かったら応援してください。(^^)/
  ↓↓↓

 

 

では次に、トレンド系のテクニカル「MACD」について説明していきます。

オシレーター系の代表ストキャスティクスとは関連ページ

チャートの見方とは
FX取引で稼ぐ上で絶対不可欠なチャートとは何か、ローソク足とは何かを説明していきます。
ローソク足の見方とは
ここではFX取引に絶対必要なローソク足の見方について説明します。またいくつかの典型的なパターンも説明していきます。
移動平均線(MA)とは
FXで稼ぐ為に必要な移動平均線(MA)の説明をしていきます。
ボリンジャーバンドとは
FXで稼ぐために必要なボリンジャーバンドというテクニカルツールについて説明していきます。
MACDとは
FXで稼ぐ為に必要なテクニカル「MACD」について説明していきます。
RSIとは
FXで稼ぐ為に必要なテクニカル「RSI」について説明していきます。
ADXとは
FXで稼ぐ為に必要なテクニカル「ADX」について説明していきます。
テクニカルまとめ
ここではFX取引に絶対必要なチャートとテクニカルツールの解説をしていきます。
チャートの時間足
ここではFX取引に絶対必要なチャートの時間足について説明をしていきます。
3種類のトレード手法
ここではFX取引に絶対必要な3種類のトレード手法について説明をしていきます。
バルサラの破産確率とは
ここではFX取引に絶対必要なバルサラの破産確率について解説をしていきます。

閲覧履歴からあなたにオススメの商品はこちら